自作パソコンを作るのは好きでないと続かない

自作パソコンは価格相場によってパーツの値段が大きく変わり同程度の性能であっても価格に差があることがあります。当時に結構頑張って買ったパーツでも半年、1年と経つと普通に買いやすい値段まで下がり、そのころにはもっと性能の高いパーツが出ているのです。
特に自分の場合は平日は仕事が遅くなり、週末も休日出勤することがあるので、自作パソコンのパーツを買いそろえたり、作成する時間が限られてしまうため、なかなか予定通りに進まないことがありました。せっかく自作パソコンを作るので最強のパーツで最強のパソコンを作ろうと思って考えすぎてしまうのも自分の悪い癖なのかもしれません。
パーツも買うだけならいいですが、少しでも安いものがいいとか、ちょっとで性能のいいものがいいとかいろんなパーツの組み合わせを考えてしまうのが逆にストレスになってしまっている部分があって、完成するまでにかなり時間がかかってしまいました。
そうやって時間をかけてやっと完成したパソコンも市販品と比べてもたいして安くなく、時間だけがかかってしまってあまり満足がいかなかったということがありました。
こういうのはパソコンを作る過程も楽しめる人で、ある程度時間もある人でないとかなり苦労すると思います。自分の場合はそれ以降は市販のものを買うようになり、自作パソコンは卒業しました。